合格実績

合格実績と合格体験記をご紹介いたします。

デフォルト画像

市之瀬 理沙さん

清泉女学院高等学校

一度「理屈を知った化学」に出会ったら、ついその先を知りたくなってしまいました。

中央大学 合格

合格年度:2012年

進路:理工学系

安達先生の授業を受けるまでの化学は、私にとっては暗記科目の一種でした。

しかし、安達先生の授業は問題を解くだけではなくその解法の中で一番大切なことをしっかり確認し、暗記ではなく、「理解」まで持っていってくれる授業です。
簡単に言うと「理屈」を教えてくれるのです。
なぜその現象が起こるのか、どうしてその物質はそういう性質を示すのか。
そこまで勉強して化学なんです。

そのことに気づいた私は化学の勉強法がガラリと変わりました。
問題を解くときに数よりも質を大事にし始めました。
ただ問題を解くだけではなく、問題の「型」を意識するようになったんです。

入試問題は山ほどありますが、問題の「型」となるとその数はぐぐっと減ります。
また、「理屈」を理解していれば同じ型の問題はするする解けるようになります。

当たり前のことのように感じるかもしれませんが、これを意識するのとしないのとでは大分差があると私は思います。

そして何より、この「理屈」を意識した勉強は大学でもとても強い武器になります。
教科ではなく学問になった化学には、暗記なんて通用しないんです。

だからこそ、高校時代に安達先生の授業を受けることができて本当に良かったです。
おそらく安達先生に出会わなければ、正直私は理工学部に進んでいなかったと思います。
どうせ、暗記で越えられる高校化学の延長線でしょ、とか高を括っていたことでしょう。

しかし、一度「理屈を知った化学」に出会ってしまったら、ついついその先を知りたくなってしまいました。

ぜひそう思ってくれる後輩が増えればいいなぁと思います。